ソフトウェアテストを効率的に行う機能一覧

CATは理想の開発プロセスを実現するテスト管理ツールです。

スコープを利用して、あらゆる情報を一元管理

開発の最小単位ごとにソースコード、テスト、障害及びコミュニケーションを一元管理し、
強力なトレーサビリティを提供します

未解決の課題を管理し、製品の状況を把握
運用中に発生した障害や問い合わせを一元管理し、製品の状況を簡単に把握できます。
開発スコープを簡単に管理
開発スコープと担当者、優先度等の必要な情報を簡単に管理することが可能です。
必要な情報を一元管理し、トレーサビリティを提供
スコープとソースコード、テスト、障害等の重要な情報と全て紐付け、すばやく必要な情報を確認できます。

これまで利用したExcelをそのまま活用

既存のExcelをドラッグ&ドロップで登録し、慣れ親しんだ操作性で管理が可能です。

ドラッグアンドドロップで簡単登録
自動的にフォーマットを認識して読み込み、すぐにテストケースを登録できます。
オンラインでテストケースを直接編集
登録したテスト仕様書はスプレットシート形式の画面ですぐに編集できます。
強力な検索機能で必要なケースを見つける
キーワード・ステータス・関連課題など様々な条件で必要なケースをすぐに取り出せます。
バージョン管理で過去の変更箇所を確認
過去のバージョンからの変更点を全て表示し、レビューなどに活用可能です。
ドラッグアンドドロップで簡単登録
自動的にフォーマットを認識して読み込み、すぐにテストケースを登録できます。
オンラインでテストケースを直接編集
登録したテスト仕様書はスプレットシート形式の画面ですぐに編集できます。
強力な検索機能で必要なケースを見つける
キーワード・ステータス・関連課題など様々な条件で必要なケースをすぐに取り出せます。
バージョン管理で過去の変更箇所を確認
過去のバージョンからの変更点を全て表示し、レビューなどに活用可能です。

オンラインテスト実行で、ケースと障害を簡単に紐付け

快適なテスト環境で、テスト実行と障害報告の効率を向上します

テスト結果をワンクリックで登録
左クリックして結果を簡単に登録し、リアルタイムに進捗を集計します。
発生した障害を素早く起票
報告ボタンを押して起票画面からスムーズに障害起票を行い、テストケースと自動紐付します。
全ての変更履歴を保存
誰がいつテストケースを追加・変更したか、いつでも確認できます。
再鑑テストのサポート
実施されたテスト結果の正しさを責任者の方が監査し、信頼性を高める運用をサポートします。
テスト結果をワンクリックで登録
左クリックして結果を簡単に登録し、リアルタイムに進捗を集計します。
発生した障害を素早く起票
報告ボタンを押して起票画面からスムーズに障害起票を行い、テストケースと自動紐付します。
全ての変更履歴を保存
誰がいつテストケースを追加・変更したか、いつでも確認できます。
再鑑テストのサポート
実施されたテスト結果の正しさを責任者の方が監査し、信頼性を高める運用をサポートします。

強力なワークフローで課題の運用ルールを簡単に作成

プロジェクトに合わせ、必要なフィールドを自由にカスタマイズしてご利用いただけます。

カスタムフィールドで課題を自由に定義
課題の種類毎にカスタムフィールドを設定し課題の切り分けや品質の分析に必要な情報を登録できます。
ワークフローで運用ルールを簡単に作成
メンバーの役割と課題ステータスに応じて、必須入力フィールドや変更可能ステータスを定義し、正確な課題管理フローを実現できます。
課題を中心に必要情報を一元管理
発生元テストケース、修正ソースコード、コメントや変更履歴等、必要情報を一元管理し、状況確認やレビューを容易にします。

リアルタイムにプロジェクト進捗を確認

テストの実行状況や障害の対応状況をリアルタイムに把握し、早期の問題解決をサポートします。

テストと課題の進捗をリアルタイムに表示
工程毎、仕様書毎、メンバー毎の進捗をリアルタイムに把握し、プロジェクトの課題をいち早く確認できます。
日時レポートを自動的に共有
メールやビジネスチャット経由で、日々のレポートを必要なメンバーに自動的に共有できます。
Wikiツールでダッシュボードを構築可能
各種グラフはCATの外部にも共有でき、Wikiツール等に組み込むことで独自のダッシュボードを構築できます。
メンバー・仕様書毎の予実を管理
日々の実行予定ケース数を自動的に計算し、仕様書とメンバー毎に実施予定計画を作成できます。
テストと課題の進捗をリアルタイムに表示
工程毎、仕様書毎、メンバー毎の進捗をリアルタイムに把握し、プロジェクトの課題をいち早く確認できます。
日時レポートを自動的に共有
メールやビジネスチャット経由で、日々のレポートを必要なメンバーに自動的に共有できます。
Wikiツールでダッシュボードを構築可能
各種グラフはCATの外部にも共有でき、Wikiツール等に組み込むことで独自のダッシュボードを構築できます。
メンバー・仕様書毎の予実を管理
日々の実行予定ケース数を自動的に計算し、仕様書とメンバー毎に実施予定計画を作成できます。

プロジェクト状況をリアルタイムに分析できます

リリース前のリスク把握やプロジェクト計画時に効果的な情報を提供します。

プロジェクトの品質を可視化
機能毎や環境毎、信頼度分析などの指標をリアルタイムに表示し、リスクの分析やリリース判断などに役立てられます。
メンバーの生産性を把握
メンバーごとの障害発見数や消化ケース数等の指標からプロジェクト内の生産性の課題を発見できます。
テスト完了予定日を表すバーンダウンチャート
ダブルバーンダウンチャートで、テストと障害の残り工数と消化予定をシミュレーションし、納期に間に合うかの判断をサポートします。
プロジェクトの品質を可視化
機能毎や環境毎、信頼度分析などの指標をリアルタイムに表示し、リスクの分析やリリース判断などに役立てられます。
メンバーの生産性を把握
メンバーごとの障害発見数や消化ケース数等の指標からプロジェクト内の生産性の課題を発見できます。
テスト完了予定日を表すバーンダウンチャート
ダブルバーンダウンチャートで、テストと障害の残り工数と消化予定をシミュレーションし、納期に間に合うかの判断をサポートします。

オンラインでスケジュールを作成し、簡単にチームで共有できます

大規模なプロジェクトでも利用可能な本格的なスケジュール管理機能を搭載しています

プロジェクトの状況を適切に把握
複数のスケジュールをチーム内で共有し、コラボレーションしながらリアルタイムにプロジェクト状況を把握することができます。
シンプルで馴染みのある操作性
タスクの作成や変更、階層構造や依存関係等、WBSで必須の機能を搭載。使い慣れた直感的な操作性をご提供します。

CATをもっとフルに活用する機能

他システムとの連携や細かな設定機能によりアジャイルから大規模開発までカバーします。

REST API
Slack連携
グラフ共有
リポジトリ連携
外部BTS連携
LDAP
詳細な権限設定
IP制限
カラーテーマ
多言語設定

クラウド版・ダウンロード版共に今すぐトライアル可能。
ぜひお試しください。